ピルを選ぶならトリキュラーが良い理由

ピルのひとつであるトリキュラーの画像トリキュラーは人気のある低用量ピルの1つで、3相性と呼ばれるタイプで、これは妊娠時に多く分泌されるプロゲステロンが3段階に配合されており、女性本来のホルモンバランスに近づけた配合量になっています。そのため体に馴染みやすく、他のピルよりも副作用が比較的少ないとされています。プロゲステロンを定期的に摂取することで脳は身体が妊娠したと勘違いし排卵の停止を命令するのですが、排卵を停止することで子宮を休ませ子宮系の治療、ホルモンバランスを整えることで月経前症候群の改善やニキビの改善など多くの効果を期待することが出来ます。高い効果を発揮しながらも副作用が少ないということがトリキュラーを良いとする理由なのです。トリキュラーを服用する際の注意点は服用の順番を守ることです。トリキュラーが3段階に配合量が変わることは先述しましたが、その時の自分のホルモンの変化によりプロゲステロンの量が異なるため、服用の順番が決まっているのです。そのため服用の順番を守らなければ避妊の効果を期待する等、トリキュラーの効果を十分に期待することが出来ないので注意して下さい。また出来るけ毎日同じ時間帯に毎日服用することも身体のプロゲステロンの濃度を一定することに関係するので、就寝前の様にある程度、決まっている生活リズムの中に取り入れると忘れずに良いでしょう。高用量ピルや中用量ピルの様に一時的に服用しても避妊の効果があるものや、毎日服用することで効果を発揮する中用量ピルや低用量ピルもあります。毎日服用し、それによる影響が身体的に出ると支障が出て生活に影響を与える場合も少なくありません。そのため副作用が少なく、効果が高いトリキュラーはおすすめな低用量ピルなのです。

ピルは海外では使っている人が非常に多い

色々な種類のピル男女の付き合いの中で、やはり肉体関係というのはほとんどあるものでしょう。それは自然なことであり、付き合いが深くなれば、愛情表現の一つとして二人の間にあるものなのです。そういった関係の中で、健康な二人であれば妊娠をしてしまう可能性というのはあるものです。妊娠をしないようにしなければならない状況であれば、避妊をするようにしたいものです。日本においては、避妊をするといっても男性主導で行っていく方法であるコンドームの使用というのがメジャーになります。コンドームというのは性感染症の予防にもなるので有効な手段ですが、失敗率もあるので妊娠の可能性も残るものです。また、男性によっては避妊に協力的でなく、感度が悪くなってしまうなどの理由でコンドームを装着しないという人もいるものです。そのような場合では、女性はとても困惑してしまうのです。そこで女性が自分でできる避妊方法としてピルの服用があります。日本では21世紀になってから産婦人科などで処方されるようになったので、まだそれほど浸透していない避妊法になります。一方で海外の国ではピルというのが最もメジャーな避妊法として挙げられます。これは女性が自分の身を守ることができるということもあって、欧米などでは以前から普通に行われている方法なのです。ですから、女性はピルケースなどに入れて錠剤を持ち歩いていたりして、普段から避妊できるように心がけているのです。今は日本でも少しずつピルの認知度が上がっていて、若い年齢層でも知られるようになってきたのです。性感染症のことを考えるのなら、コンドームの使用と併用するのがいいでしょうが、望まない妊娠を防ぐためにもピルを服用したいものです。

ピルについての関連記事